最高の品質を、
テクノロジーで未来へ。あなたが次の世代へ届けたい最高の品質。
MENOUが、AI技術とセンシング技術でサポートします。

AIで未来の品質を守る

普段使用している身近な商品やインフラサービス。
その品質や安全を、現在は人が「目」で見て「脳」で判断し確認しています。
この人による目視検査が当たり前な高品質な日常を陰で支えているのです。
しかし、近年。人手不足の影響により、いままで通りの検査や点検ができなくなってきています。​​

このままでは近い将来、今の品質を保つことができなくなることが容易に想像できます。
未来へ、今以上の品質を届けるためには人に頼り切らない方法に切り替えていく必要があります。

私たちMENOUは、AI技術・センシング技術を駆使し、
人の「目」と「脳」の代わりになるソリューションを提供し続けます。

Solutionソリューション

AI導入サービス

撮像構成の構築からAI運用まで、目視検査自動化に必要なソリューションをワンストップで提供するサービスです。

高品質なものづくりの現場にAIを導入し自動化を進めるためには、 撮像システム、ソフトウェアが製造プロセスに適合し、現場スタッフ が納得した品質を持つシステムを構築することが求められます。

MENOUでは、無償トライアルを含む導入プログラムをご提供し、既存装置を最大限に活用した目視検査システムを構築します。

組込サービス

既にお使いの撮像装置や検査装置を、AIにより高機能・高性能化するサービスです。

過去に撮像装置や検査装置を現場に導入したが、 検査仕様変更により自動検査に使用できなくった装置が 工場に数多く眠っていることが知られています。 また、撮像装置が撮像した画像をモニター越しに人が 見ている現場もたくさんあります。

そのような装置に対し、MENOUが最適なAIをアドオンし 既存装置のスマート化を支援します。

Works適用事例

自動車・精密部品

サビ、キズ、異物、変色など

金属部品やプラスチック部品に求められる表面の「キレイさ」を目視検査員と同様に検出するだけでなく、数値化したり記録することができます。

食品

異物、変色、パッケージ不良など

食品に求められる厳しい安全性を、人によるバラつきを抑え、安定した検査が可能になります。

電子部品

個数カウント、形状不良、異物、ハンダ

不良など機能検査では発見できない微小な欠陥を発見し、信頼性を高めます。工程の全自動化を可能にします。

繊維・衣料品

染色ムラ、織不良、破れなど

布・生地の欠陥をライン上で発見。衣類の曲面の特徴をとらえた寸法計測も可能です。

工業点検

法定点検や、常時監視など

人による負荷の大きい点検作業をAIによりサポートします。

インフラ点検

コンクリートのひび割れ点検や、塗装剥

がれ点検など、手で記録していた作業をデジタル化し作業の効率化に貢献します。

Company会社概要

社名
株式会社MENOU
所在地
〒103-0021
東京都中央日本橋本石町2丁目1-1
設立
2019年6月14日
資本金
34,580,000 円 (資本準備金を含む)
代表取締役
西本励照

Memberメンバー

西本励照

代表取締役CEO

Reiteru NISHIMOTO - ニコンで画像検査システムの開発に携わり、現場の実態を目の当たりにし本事業の遂行を決意。 製造業の画像解析に特化したプログラミングレス画像解析AIツールを開発。光学からソフトウェア開発まで、画像検査システム全体の開発実績多数。

根井正洋

取締役COO

Masahiro NEI - ニコンにて半導体製造装置開発部長、顕微鏡/測定機開発部長を歴任。経営戦略本部にて新規ビジネス立ち上げ担当。製造業のIoT推進団体IVI(Industrial Value Chain Initiative)副代表幹事、総合企画委員長を務める。(2018年)

森谷謙一

取締役CTO

Kenichi MORIYA - 独立系SIerやフリーランスを経て一貫してソフトウェアエンジニアとして、制御システム、データ配信サービス、モバイルアプリ、通信、撮像デバイス、ディープラーニング・GUIの開発などを経験。UIから通信までフルスタックなソフトウェア設計技術を持つ。

津田真吾

取締役

Shingo TSUDA - 日本IBMにてハードディスク装置の設計・開発に従事後、INDEE Japanを共同創業。企業の新規事業の支援とスタートアップ支援を手掛ける。国内外の製造業における製造プロセス立ち上げの経験を活かし事業開発を担当。