展示会情報

MENOUのサービスや製品だけでなく、AI外観検査についてのリアルタイム情報を得るには展示会にお越し頂くのがお勧めです。その場で、ご質問にお答えするだけでなく、AI開発の実演も可能ですので、ぜひワークをお持ち込みの上、ご来場ください。

今後の出展予定をお知らせします。

展示会では、さまざまなご質問にお答えしています。
特に多いのが、MENOU AIの精度は?もしくはノーコードでAIは開発できるのか?という質問です。

現在の目視による外観検査をAIで置き換えられるのか?

眼(肉眼・顕微鏡下問わず)で見える欠陥は、撮像条件次第で画像データに記録することが可能です。これらの画像データに適切にアノテーション(教示)することができれば、ディープラーニングを用いることで「理論的には」AI検査が可能になります。

ところが、現実問題として「安定した撮像ができるのか?」「十分なアノテーションデータを確保できるのか?」「推論時間は足りるのか?」といった技術課題が存在します。そのため、展示会では撮像が困難な金属光沢面や、アノテーションが大変な小傷や印刷物がリアルタイムで高速検査されている実例をお見せしています。

また、実ワークをお持ち込みいただくお客様も多いです。その場で、MENOUのエンジニアが撮像システムについてや、AIモデルの作り方についての疑問にお答えします。

ノーコードでAIを内製化することができるのか?

眼(肉眼・顕微鏡下問わず)で見える欠陥は、撮像条件次第で画像データに記録することが可能です。これらの画像データに適切にアノテーション(教示)することができれば、ディープラーニングを用いることで「理論的には」AI検査が可能になります。

ところが、現実問題として「安定した撮像ができるのか?」「十分なアノテーションデータを確保できるのか?」「推論時間は足りるのか?」といった技術課題が存在します。そのため、展示会では撮像が困難な金属光沢面や、アノテーションが大変な小傷や印刷物がリアルタイムで高速検査されている実例をお見せしています。

また、実ワークをお持ち込みいただくお客様も多いです。その場で、MENOUのエンジニアが撮像システムについてや、AIモデルの作り方についての疑問にお答えします。

2022年4月に開催された名古屋ものづくりワールドの様子は、こちらのnoteでもご紹介しています。


過去の出展情報

  • 名古屋 ポートメッセなごや ものづくりワールド(AI/IoT展)2022年4月
  • 大阪 インテックス大阪 ジャンボびっくり見本市 2022年4月
  • 東京 東京ビックサイト ものづくりワールド(AI/IoT展)2022年3月
  • 横浜 パシフィコ横浜 国際画像機器展 2021年12月
  • 大阪 インテックス大阪 ものづくりワールド(AI/IoT展)2021年10月
  • 横浜 パシフィコ横浜 国際画像機器展 2021年6月
  • 東京 東京ビックサイト ものづくりワールド(AI/IoT展)2020年2月